検索

絞り染め神奈川沖浪裏#10 The great wave off Kanagawa

最終更新: 11月19日



*written in English below


前回の絞り染め神奈川沖浪裏#9では、波部分を濃紺色で染色しました。

今回の#10では、その染め上がり生地を解く中で、普通ではまず気づけない、知ることのできない絞り染め技術の奥深さがわかる特別チェックポイントを紹介します。


In the previous blog #9, the fabric was dyed in dark blue. In #10 this time, the dyed fabric is untied, and explains points that are not usually noticed.



解き作業はハサミを使うこともあるので、生地が破れないよう慎重に解いていきます。


Since untying work may use scissors, it is necessary to carefully untie the fabric so that it does not tear.



下の写真や動画で、染め分け部分の重なり合った生地と生地の間にビニールが挟まれているのが確認できます。これは染色の際、重なり合った生地と生地の色移りを防ぐために挟まれています。大変丁寧な仕事です。


In the photo and video below, you can see that a little plastic sheet is sandwiched between the overlapping fabrics. This plastic sheet is sandwiched the overlapping fabrics to prevent color transfer during dyeing.



下の写真は絞り染め神奈川沖浪裏#8で紹介した「巻き芯」の染め上がり部分です。

詳しくは絞り染め神奈川沖浪裏#8をご覧ください。


The photo below is the dyed part of the ''maki-shin' explained in the blog 'the great wave off kanagawa #8'.



下の写真はタコ帽子絞りで生地を包むために使われたビニールです。たくさんの穴があり、しっかりと括られていた証拠に穴の切り口周り部分が染色時の熱で変形、少し変色しています。


This is a plastic sheet used to wrap the fabric with the Tako-boushi shibori technique. The area around the cut end of the hole is deformed and discolored a little by the heat during dyeing as evidence that it was tightly bound.

タコ帽子絞りで括られた状態の生地

A fabric tied by the tako-boushi shibori technique.




下の写真はビニールを何重にも重ねて作られた直径4㎝の超貴重な手づくり芯です。生地をビニールで包む際に使用されます。


In addition, the photo below is a super valuable handmade core with a diameter of 4cm made by layering and rolling plastic sheets. It is used when wrapping the fabric in plastic sheet.

赤丸部分で芯が使用されています。

The part surrounded in red is where the core is used.



括って染めて解く作業工程も終盤に近づいてきました。

完成に向けて職人、スタッフ、チーム一丸となって頑張っていきます!


The work process of tying, dyeing and untying is approaching the final stage.

The craftsmen and staff team will work together to complete the project.



次回、絞り染め神奈川沖浪裏#11では、空部分を染めるために生地を絞り、2色の色でぼかし染めを行い、染め上がり生地の解きまでを紹介します。


In the next #11, the fabric is tied to dye the sky part by gradation dyeing in two colors and will be untied.



※絞り染め神奈川沖浪裏 巨大几帳は京都絞りフェア2020 in 銀座(2020年11月27日~11月30日)で初公開予定です。



京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter page
  • Trip Advisor Social Icon

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館