検索

絞り染め神奈川沖浪裏#7 The great wave off Kanagawa

最終更新: 10月16日

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#6では、波部分を青色で染める工程を紹介しました。そして今回の#7ではその染め上がり生地の解き作業を行っていきます。


In the previous article #6, the wave part was dyed in blue. And in this article #7, the dyed fabric is untied for moving on to the next process.


染め上がり生地 / Fabric after dyed

染め上がり生地をハサミなどを用いて解いていきます。ビニールに包まれている部分が防染されていた部分になります。

ビニールの中から生地が出てくる瞬間は見物です。動画で見てみてください!


Scissors are used to untied the dyed fabric. The part wrapped in plastic sheet is the part that was resist dyed.

The moment the fabric comes out of the plastic sheet is well worth to seeing. Please watch the video!

解き終わりの写真 / A photo after untying

今までの染め後と解き終わり生地の写真です。少しずつではありますが、徐々に作品全体の構造が確認できるようになってきています。確実に、着々と完成に向かっています。


These are photo of the past dyed and untied fabric up to the article #7. Little by little, it is becoming possible to see the structure of the entire work. Steadily moving toward completion.


次回#8では、波部分を次は濃い青色で染めるために、また生地を括りなおしていきます。

動画など多く使い詳しく説明!


In the next #8, the fabric is re-tied to dye the wave part in deep dark blue.

It will be explained in detail using many videos.


続く

To be continued



※絞り染め神奈川沖浪裏 巨大几帳は京都絞りフェア2020 in 銀座(2020年11月27日~11月30日)で初公開予定です。

京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter page
  • Trip Advisor Social Icon

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館