検索

絞り染め神奈川沖浪裏#2 The great wave off Kanagawa

最終更新: 9月11日

*Also written in English


前回の絞り染め神奈川沖浪裏#1では、下画から波しぶきを括る部分までの工程を紹介しました。今回の#2では舟の部分を黄色で染める前までの工程を紹介していきます。


In the previous article #1, we introduced the process from drawing to tying the wave splash part. In this article, we will introduce the process before dyeing the part of the boat in yellow.


波しぶきを絞る工程が終わると、次は波しぶきよりも防染する部分が大きい富士山の雪部分や船上にいる人間部分(白色)を帽子絞りで括ります。木や樹脂で作られたの芯、または手作りの紙で作られた芯を使用します。


At the end of the process of tying the wave splash part, the next step is to tie the snow part of Mt. Fuji and the human part (white) on boats with Boushi shibori. Use cores made of wood or resin, or handmade cores made of paper, to prevent dye more firmly.

紙芯作り -making paper cores-


帽子絞りの工程が終わると、生地全体をかなり薄めの色(かなり白色よりの水色/薄緑)で染めます。この薄~い薄~い色(染色)が大波の疋田絞り部分などの鹿の子柄を引き立てます。


After the boushi shibori process, the entire fabric is dyed in a fairly light color (light blue than white). This light light color sets off the big wave part where hitta shibori was used to make kanoko dot pattern.



次に、船部分(黄色)のみを染めるために、絞り染めの技法の中でも大変高度な技法の一つでもある、「逆帽子絞り」という技法で生地を絞ります。


To dye only the ship part (yellow), one of the most advanced shibori techniques, , is used to resist the dye.



失敗の許されない大仕事です。絞り歴45年以上の職人さんが括ります。

It is a big job that cannot be tolerated. The fabric is tied by a craftsman with more than 45 years of experience.


映像内の、麻糸をひっぱる音を聞いてみてください。どれだけ強くひっぱているかが伝わります。

Listen to the sound of linen thread being pulled in the video. You can tell how strongly it is being pulled.



どのように生地を括っていくのか、考えて考えて考えて、、、実際に括り始めるまでにも、ものすごく長い時間をかけて絞りの工程を考案します。

そして完成したものが、、、


Think about how to tie the fabric,,, and think about it, but it takes a very long time to devise the shibori process before actually starting.

括り終わった6枚の大きな几帳生地 (1枚 約1mx3m)

The six pieces of large screen fabric (one piece approx. 1m x 3m) that have been tied.

さぁ、次回#3ではいよいよ船の部分を黄色に染めます!こうご期待!!

Next, in #3, the part of the ship will be dyed yellow! Stay tuned!!


京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter page
  • Trip Advisor Social Icon
  • LINE

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館

​当館では新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策を徹底し、ご利用の皆様にもマスク着用や検温などのご協力をお願いしています。

また、入場者過多のため、感染症予防および拡散防止に影響があると判断された場合は、入場を一時的に制限させて頂く可能性がございます。