検索

絞り染め神奈川沖浪裏#3 The great wave off Kanagawa

最終更新: 2日前

*written in English below

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#2では、帽子絞り、逆帽子絞りなどを動画中心で紹介しました。

In the previous article #2, Boushi shibori, Saka-boushi shibori, etc. was explained mainly with videos.


今回の#3では波の中に浮かぶ船部分を黄色に染める工程を紹介していきます。

In this article #3, the process of dyeing the part of the ship floating in the waves is explained.



生地を染める前にも念入りに打ち合わせを行い、染める色を何度もしっかりと確認します。

今回は船部分、黄色での染色です。


Carefully discuss even before dyeing the fabric and check the color many times.

This time, ship parts are dyed in yellow.




完璧に仕上がった染料で生地を染めていきます。今回の生地は防染部分が広いため、生地を染料に漬けても生地が浮き上がってきます。生地を均等に染めていく為、2人がかりで染色していきます。約70℃ほどの染料で染めるので、ゴム手袋をつけていても熱熱(アツアツ)です。染色中、横にある水の入った染め窯で、ゴム手袋の熱を冷まします。秒単位、分単位の作業です。素早い動きで染色します。


The fabric is dyed with perfectly mixed dye. This time, the fabric has a wide area to resist dyeing, so it will float on the surface of the dye. To dye the fabric evenly, two people work together. Since the fabric is dyed with a dye of 70 degrees centigrade, it is very very hot even if you wear thick rubber gloves. During dyeing, cool the heat of the rubber gloves in the vat with cold water prepared on the side. Quick movement is required.


何度も何度も染めて、徐々に色見本通りの色に近づけていきます。


The fabric is dyed over and over again and gradually approach the color to the color sample.


動画の中でも生地の色が徐々に濃くなっていくのが確認できます。


In this video, you can see the color of the fabric gradually becomes darker.



できる限り色見本通りの色に近づけるのが職人のプライド。納得いくまで何度も何度も染色、色確認を行います。


It is the craftsman's pride to make the color of the fabric as close as possible to the color of the color sample. Dye and check the color many times until the fabric is dyed to a satisfactory color.


染色が終わると生地の水洗、脱水を行い、干し場にて生地を乾燥し、染色工程はひとまず終了です。


After dyeing, the fabric is rinsed with water, dehydrated, and dried in a drying room, and the dyeing process is completed for the time being.


生地の一部分を染めるだけでも大変な作業!ということがお分かりいただけたでしょうか?

次回の#4ではこの染め上がり生地の解き作業を紹介していきます。


Dyeing only a small part of the fabric, but it is actually a very difficult task.

Next article #4, you can see how this dyed fabric is untied.


続く

To be continued


京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter page
  • Trip Advisor Social Icon
  • LINE

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館

​当館では新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策を徹底し、ご利用の皆様にもマスク着用や検温などのご協力をお願いしています。

また、入場者過多のため、感染症予防および拡散防止に影響があると判断された場合は、入場を一時的に制限させて頂く可能性がございます。