top of page
検索

絞り染め神奈川沖浪裏#13 The great wave off Kanagawa

*written in English below

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#12では、本作品最後の染色箇所である、船上の荷物部分を青色で染めるまでの工程を紹介しました。今回の#13では、絞られている全ての箇所を解き、作品全体の染め上がりを確認していきます。


In the previous blog#12, the load part on the ship which is the last dyeing part of this work was dyed in blue. In #13 this time, All the tied part will be untied and the whole work will be checked.


 

解き作業を始める前に生地を乾燥室にて乾燥します。京都絞り工芸館には特別乾燥室があり、染め上がりの生地をこの部屋で十分に乾燥させます。


Before starting the untying work, fabric is dried in the drying room. The Kyoto shibori museum has a special drying room where the dyed fabrics are thoroughly dried.


 

乾燥作業が終わると、帽子絞りや縫い締め絞りで絞られた箇所を解いていきます。ハサミを使う作業になるので、生地を破らないように慎重に生地を解いていきます。


And the boushi shibori and the Nuishime shibori part are untied. Since it is a work that uses scissors, the fabric is carefully untied so as not to tear the fabric.


 

疋田絞りで括られた生地のアップ写真

A close-up photo of a fabric tied up with the hitta shibori technique.


最後に疋田絞り部分(小さな粒)を解きます。

解き方(生地の引っ張り方、その力の入れ具合など)を間違えると生地を破ってしまう可能性があるため、責任重大の工程作業になります。また、力を要する作業でもあり、特に本作品のように大きな生地の場合は体力も必要になります。


Finally, the hitta shibori part (small dots) is untied. If you make a mistake in untying, you may tear the fabric. It is a serious responsible process. It is also a work that requires strength, and especially in the case of large fabrics like this work, physical strength is also required.


映像では普通に生地を引っ張っているだけのように見えますが、普通に引っ張るだけでは糸は解けません。高度な技術、経験が必要になります。

括られた糸が解ける際に出る音は、まさに「ザ・絞り解きサウンド」、絞り解き独特の音です。

動画で確認してみて下さい。


It looks like the fabric is pulled normally, but the thread cannot be untied just by pulling it normally. Advanced skill and experience are required.

The sound that comes out when the fabric is pulled is exactly 'The shibori sound', a unique sound of shibori.

Please check the video below.


解かれた部分(左側)と、まだ括られている部分(右側)の写真