検索

絞り染め神奈川沖浪裏#5 The great wave off Kanagawa

最終更新: 10月2日



*written in English

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#4では、逆帽子絞りで防染された船部分の、染め上がり生地を解きました。

今回の#5では波部分(赤線で囲った部分)を青で染めるために、もう一度、生地を逆帽子絞り、タコ帽子絞り、太鼓帽子絞りなどで防染していきます。


In the previous article #4, the dyed fabric which was resist dyed with the Saka-boushi shibori technique was untied.

In this article, the fabric is tied again with Saka-boushi shibori, Tako-boushi shibori and Taiko-boushi shibori to dye the wave part with blue.


赤色で囲われている部分のみを染めるために生地を括ります。

Tying the fabric to dye only the part surrounded by red.

逆帽子絞り、タコ帽子絞りや太鼓帽子絞りは、ビニールなどで生地を覆い生地を防染する絞り染め技法です。

生地をビニールで覆う前に、まず芯を生地で覆っていきます。

あらかじめ糸入れされた糸を引き出し、染め分け部分の襞よせ作業、ひらよせ(ねよせ)を行います。生地よせ密度を均一にすることが重要であり、時間のかかる作業になります。強すぎず、弱すぎず、細かな部分は千枚通しを使ったり、また寄せた生地が戻らないように霧吹きで生地に水をかけたりします。

芯が生地からずれないように、最後はしっかりと糸を巻き付けていきます。何周か巻きますが、1周目の括りが重要!1周目でうまく防染が出来るか出来ないかが決まります。


Saka-boushi shibori, Tako-boushi shiboiri and Taiko-boushi shibori are techniques that cover the fabric with plastic sheet to resist dyeing.

Before covering the fabric with plastic sheet, first, cover the core with the fabric.

Then, the stitched thread is pulled out and the fabric is gathered finely along the stitched line. Equalizing the density is important and can be a very time consuming work. Not too strong, not too weak, awl is used for small parts, also, a spray bottle is used to wet the fabric to prevent the fabric from returning.

At the end, the wrapped core with the fabric is bound with thread firmly so that the core does not shift from the fabric. The first winding is the most important as it will be affected whether or not the resist dyeing can be done well.





芯を生地で巻き終えると、次は防染したい生地部分を薄い透明のビニール(0.03㎜)で覆います。6周から7周巻きます。


After wrapping the core with the fabric, covering the fabric part you want to resist dyeing with a thin clear plastic sheet (0.03mm) for 6 to 7 laps.


そして、しっかりと括ります。

ビニールで覆われている内側の空気が染色中の熱で膨張しないように、最後に芯部分以外の生地部分もビニールの上から括ります。


Then, binding it firmly.

Finally, bind the fabric part from the top of the plastic sheet so that the air inside covered with plastic sheet does not expand due to the heat during dyeing.



括りあがりの写真

Photos after tying up

これほどの染め分けを行うには非常に高度な技術を要します。

It takes a very high level of skill to tie and dye the fabric like this.

今回はここまでです。

次回#6では、この生地を青色に染めていきます。


This is the end of #5.

Next article #6, these fabrics are going to be dyed in blue.


続く

To be continued

京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter page
  • Trip Advisor Social Icon

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館