検索

絞り染め神奈川沖浪裏#14 The great wave off Kanagawa

*written in English below

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#13では、全ての糸を解き、作品全体の染め上がりを確認しました。今回の#14では湯のし作業を終えた生地の細かな柄部分や柄の輪郭などを、筆や刷毛を用いて描くなどの付帯加工を行います。


In the previous blog#13, all the tied part was untied and the whole work was checked. In #14 this time, the work of drawing fine parts and the outline of the pattern is done with a brush on the fabric that has been steamed.


粘着力のあるシートの上に生地を敷き、生地が動かないように固定します。


The fabric is placed on top of the adhesive sheet and the cloth is fixed so that it does not move.


筆や刷毛を使い、細かな柄部分や柄の輪郭などを描いていきます。


Fine pattern parts and outlines of the pattern are drawn with a brush.


小刀を使って型紙に穴を開け、刷毛を用いて生地に柄を刷り込みます。

様々な種類の小刀があり、2枚刃金のものもあります。


Various types of small knives (e.g. A knife with two blades) are used to make patterns in the stencil paper, and a brush is used to stencil the pattern on the fabric.


柄によっては柄のふちまで色を描かず、わざと白く枠を残すことで絞り染めの風合いを残しています。


Depending on the pattern, the color is not drawn up to the edge of the pattern, and the shibori texture is left by intentionally leaving a white frame.


付帯加工の工程が終わると、最後は几帳に仕立てる作業へ進んでいきます。

作品のサイズが大きすぎるため縫製職人の自宅で全ての生地を広げて確認することが出来ないため、京都絞り工芸館3階のスペースに生地を並べて打ち合わせを行いました。


When the drawing process is over, the final step is to make it into a huge screen.

Since the size of the work is too large, it is not possible to check all the fabrics side by side at the sewing craftsman home, so we arranged the fabrics in the space on the 3rd floor of the Kyoto Shibori Museum and had a meeting.



2020年春頃より制作をスタートした本作品も、いよいよ完成間近になってきました。


絞り染めの工程は全てが分業になります。たくさんの工程を経て一つの作品が出来上がります。

ここまで大きな失敗もなく確実に完成に近づけたのも、職人達の技術、努力、チームワークのおかげです。


本作品の制作工程をブログ(日本語と英語)を通じて発信することにより、京都が世界に誇る「絞り染め」の魅力、可能性を世界中の多くの人々に届けられることを願い、我々はこれからも日々の作品作りに邁進してまいります。


This work, which started around the spring of 2020, is nearing completion.

The shibori process is a separate division of labor. One work is completed through many process.

Thanks to the craftsmen's skills, efforts, and teamwork, we were able to ensure that the work was completed without any major mistakes.


By disseminating the creation process of this work through blogs in Japanese and English, we hope that the charm and potential of Kyoto's world class `SHIBORI` will be delivered to many people around the world.

作品制作開始当初、下画紙確認時の写真

At the beginning of the work creation, a photo when checking the first design on paper.


報告:

「巨大几帳 北斎 絞り染め神奈川沖浪裏」は、2021年2月2日より京都絞り工芸館にて初公開の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大、各地での緊急事態宣言発令に伴い、初公開の時期を延期することにいたしました。

現在、公開予定日はまだ未定ですが、年内中の公開予定です。


NOTICE:

'Hokusai Shibori the great wave off Kanagawa' was scheduled to be exhibited at the Kyoto Shibori Museum from February 2, 2021, but due to the spread of the covid-19 infection and the declarer of a state of emergency in each city, we have decided to postpone the period.


  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Tripadvisor
  • LINE

京都絞り工芸館の最新情報をお届けします

京都市内博物館施設連絡協議会加盟    日本京都府京都市中京区油小路通御池南入ル ​Tel: 075-221-4252  E-mail: mail@shibori.jp     Copyright©︎京都絞り工芸館

LINE無料電話:https://lin.ee/So8fLAN