検索

【巻き糸絵】絞り染めでリサイクルアート

絞り染めの制作工程の中で、色とりどりの解き糸が沢山出てきますが、今までは全て廃棄されていました。


この解き糸はカールしており、この色とりどり表情の面白さを何か活用できないかと考え、

当館館長の吉岡健治がこれを再利用して制作を始めたのがこの「巻き糸絵」です。



独特の立体感が特徴で、ピンセットで張り付けるという手作業の緻密さだけでなく、エコロジーの心意気も評価されています。


物を大切にする心も伝えられればと願っております。